さらに節約!

太陽光発電を導入するときに最大限に利用してほしいのが、国と地方自治体からの補助金です。
この補助金があるとないとでは、皆さんがご負担する金額に相当影響が出ると言っても過言ではないです。
だからこそ導入時には必ず国と地方自治体から補助金を得ることができるタイミングを見計らって申し込みをしないといけません、実際に補助金は年がら年中好きな時に受けることができないからです。
国からの補助金太陽光発電申し込みは年度によりますが、国が打ち出す予算の都合によっては早々と打ち切るケースもありますので、そのあたりは少しリフォーム会社の方と一緒に目を光らせておいたほうが良いでしょう。
そして地方自治体の補助金についてですが、こちらは国と違って地方自治体独自の事情で行われるものですので去年は補助金を打ち出したけれども今年はないというケースがあるかもしれないです。
だからこそ何も考えずに導入するのではなく、国と地方自治体両方から補助金を得ることができるタイミングを見計らっておいたほうがよりお得に太陽光発電を導入することができることは明確です。
さらにお得なのが、自宅でできた電力を余剰電力として電力会社に買い取りをしてもらうことです、それを10年間買取を保証してくれる制度がありますのでそちらを是非利用してほしいです。
この制度によって、自分たちが支払っている電気代を大幅に上回る、1kWhあたり42円・10年間の買い取りが保証されているので絶対に見過ごすわけにはいかないでしょう。
このようにして補助金と電力会社の売電システムを上手に組み合わせていくことで、さらなる節約を実現することができます。
せっかく太陽光発電を利用して節約をしていくのでしたら、賢く導入を進めていかないと絶対に損をします。
加えて節約したいのでしたら、使用する太陽光発電をさらに価格比較して徹底して安く抑えることもできるので、自分たちの努力次第で格安に太陽光発電を導入することができます。