太陽光発電のデメリットを考える

太陽が出ている限り電力を作り続けることができる太陽光発電の導入を考えている人が非常に増えてきています。
太陽という絶対にこの世からなくならない資源を利用して、我が家でも光熱費削減のために、少し高い投資になるけれども長い目で見たらかなりお得かもしれないと考えている人も非常に多いです。
確かに家の屋根の方向が南向きに向いているのでしたら、晴れの日だったらしっかりと電力を作り続けることができるけれども、もしも自分の家の位置が北や西の方向にあるとしたらどうしますか?
残念ながら北や西の方向では、南向きと比べてお日様を吸収することができないのは明確です。
いくら性能が高いソーラーパネルを設置したとしても太陽の光が全然入らないような場所に設置してしまうと、思うように売電向きの電力を作り出すことができないですし、それどころか日中に作る電力でやっとしのぐことができる程度になるかもしれないです。
家の位置が南向きに向いているのでしたら、太陽光発電を導入するのは大賛成ですが、太陽の光がわずかにしか届かない家の場合でしたらかえってデメリットの方が大きいです。
高い初期設定がかかってしまいますし、光熱費が下がると思っていたら以前よりもさほど変わらなかったり思った以上に光熱費が高くついてしまったというケースもあるみたいです。
だからこそ自分の家庭で太陽光発電を導入するときは、一度業者の方に来ていただいて自分の家の屋根がしっかりと太陽光を吸収することができるかどうかを確認してからでないと、後々設置をして後悔することになってしまいます。
太陽光発電は次世代エネルギーとして大注目を浴びているのですが、各家庭によってソーラーパネルと太陽光との関係が合う合わないという問題にも直面してきますので、地球温暖化のためとはいえ自分たちが必要以上に経済的に負担になるような太陽光発電の設置はデメリットにつながることのほうが多いと感じます。